自慢できるTOEICスコア獲得の秘策!先輩実体験も紹介

自慢できるTOEICスコアとはいくつなのか、疑問に思う方は少なくないでしょう。

どんな対策を行えば、就活の際に役立つのか。

この記事では、自慢できるスコアの基準や独学での勉強法、先輩たちの実体験を紹介します。

自慢できるTOEICスコア獲得の秘策を手に入れ、ビジネスや就活にアピールしましょう!

→横スクロールできます
TOEIC学習ランキング最大の特徴/強みコース
1位.ライザップイングリッシュ
・最短で確実に英語力を向上「結果にコミット」
・4ヶ月で390点→700点まで上げられる
・年間最大204時間の研修を受けたトレーナーがあなたをサポート
・30日間コース代金全額返金保証
・TOEIC(R)アップに特化したコース
・英会話に特化したコース
・1日5時間の超集中学習の1dayプログラム
2位.スタディサプリ
250点をはじめ、3ヶ月以内で平均100点以上UP
・全ての機能が7日間無料でお試し可能
・初回申込で最大9,000円オフ
・学習状況をコーチにチャットで連絡
・パーソナルコーチプラン

TOEICで自慢できる点数の基準

TOEICで自慢できる点数の基準は、一般的には日本人の平均スコアよりも高い点数であることが挙げられます。

ここでは、TOEICスコアで自慢できる点数の基準について、以下4つを解説します。

  1. 日本人の平均スコアから見る自慢のポイント
  2. TOEICは何点から自慢できる
  3. 企業の採用基準や海外ビジネスを考慮したスコア
  4. 上位何%のスコアが自慢になるのか?

日本人の平均スコアから見る自慢のポイント

日本人の平均スコアは、過去数年でおおよそ500~600点の間で推移しています

そのため、平均スコアを上回るスコアが自慢できる点数とされます。

しかし、ビジネスシーンや業種によっては、より高いスコアが必要とされる場合もあり、英語を活用する外資系企業やグローバル企業では、800点以上のスコアが望ましいとされることが多いです。

>> TOEICは何点からすごい?受験や就職に評価されるスコア基準を知ろう

関連記事

「TOEICで何点を取るとすごい?」「TOEICスコアがあれば英語力をアピールできる?」「TOEICのスコア別レベルは?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、 TOEICで何点から「すごい」と評価され[…]

TOEICは何点からすごい?受験や就職に評価されるスコア基準を知ろう

TOEICは何点から自慢できる

TOEICで自慢できる点数は、個々の状況や目標によって変わりますが、まずは日本人の平均スコアを上回る点数が基準でしょう。

そのため、600点を超えてから自慢できる点数と言えます。

しかし、英語を使用する業務が多い企業や業種では、800点以上のスコアが必要とされるケースもあるため、自分が目指す業界や目標に応じて、その基準は変わることがあります。

結果的には、自分の英語力と英語を活用する機会を考慮した上で、適切なスコアを目指すことが重要です。

企業の採用基準や海外ビジネスを考慮したスコア

企業の採用基準や海外ビジネスにおいて重要視されるTOEICスコアは、企業や業界によって異なりますが、一般的には750点以上が望ましいとされています。

このレベルのスコアであれば、基本的な英語力が身に付いており、海外のビジネスシーンでコミュニケーションが可能だと判断されるからです。

例えば、リーディングとリスニングのスキルが十分に身に付いており、英語の報告書やメールのやり取りをこなせる能力があると評価されます。

また、英会話力も一定レベルまで身に付いているため、海外の会議やプレゼンテーションにも対応できるとされています。

ただし、スコアだけではなく、実際に企業で働く上での英語力や経験も必要になる場合も。

TOEICスコアが高くても実際の業務で英語を使った経験がない場合、対策や学習を続けることが必要です。

上位何%のスコアが自慢になるのか?

一般的には上位10%までのスコアが非常に優秀とされ、TOEICの平均点数である600点を大きく上回る800点以上が上位10%に相当します

800点以上のスコアを持つことは、リーディングやリスニング、さらには英会話力も高く、海外でのビジネスや転職、就職に有利です。

また、自分自身の英語力をアピールすることができ、ほかの人と差別化ができるでしょう。

初めてのTOEICの点数はどれくらい?

初めて受験するTOEICの点数については、下記4つを解説します。

  1. TOEICは何点から高得点になる?
  2. TOEICの得点配分
  3. 大学生だと何点から自慢できる?

TOEICは何点から高得点になる?

一般的にTOEICの満点は990点で、800点以上だと全体の上位20%に入るため高得点とされ、企業でのアピールや海外でのビジネス活動に有利です。

多くの企業では英語力を測る基準としてTOEICスコアを重視し、800点以上を要求することがよくあります

また、海外で活躍するビジネスパーソンの平均スコアが800点前後であるため、それ以上を目指すことが一つの目安となります。

TOEICの得点配分

TOEICの得点配分は、リスニングセクションとリーディングセクションに分かれており、それぞれ495点満点です。

リスニングセクションは、問題内容や問題数に応じた重み付けがあり、リーディングセクションは、問題形式や単語、文法の難易度によって配点が決定されます。

試験結果は両セクションのスコアが合計されたもので、この合計が990点満点となります。

対策として、自分の苦手な単語や文法を重点的に学習するとともに、リスニングとリーディングの問題をバランスよく解くことが大切です。

大学生だと何点から自慢できる?

大学生においてTOEICの平均スコアは約550点であり、一般的に700点以上だと全体の上位30%に入ります。

また就職活動では、多くの企業が英語力をアピールするためにTOEICスコアを参考にしており、700点以上だと有利に働くことがあります。

自慢できるTOEICスコアを取るための独学の勉強法

自慢できるTOEICスコアを目指すには、効果的な勉強法が必要です。

まずは、現在の英語力を客観的に把握し、弱点を洗い出しましょう。

  1. 効率的なリスニング対策とリーディング対策
  2. 英会話力もアップさせる総合的な学習方法
  3. TOEICの問題傾向を抑えた対策と試験攻略法
  4. 苦手分野を克服し、万全の試験準備へ

効率的なリスニング対策とリーディング対策

リスニング対策は、英語の音声を繰り返し聞くことが基本です。

以下の方法が効果的です。

  1. 英語ニュースやポッドキャストの利用
  2. 英語の映画やドラマ、アニメを字幕と音声を英語にして視聴
  3. 英語の歌の歌詞を追いかけながら聞く

リーディング対策では、速読力と正確な理解力の向上を目指します。

  • 英語の記事や小説を大量に読むことで、自然に速読力が身につく
  • 文法知識を身につけることで、正確な理解ができるようになる
  • 必要な単語や熟語を学ぶことで、読解力が向上する

これらの対策を組み合わせて効率的に学習しましょう

英会話力もアップさせる総合的な学習方法

TOEICスコアアップだけでなく、英会話力も向上させたい場合は、以下の方法がおすすめです。

オンライン英会話レッスン日常英会話からビジネス英語まで、自分のニーズに合わせて講師と学べる
言語交換パートナー英語を話す友達を作り、お互いの言語を教えあうことで、自然な英会話が身につく
シャドーイング英語の音声を聞きながら、同時に声に出して練習することで、発音とリスニング力が向上する

これらのポイントを選考対策に生かし、志望動機を具体的に伝えることが大切です。

英会話力を向上させることで、自信を持って海外で活躍できるようになります。

TOEICの問題傾向を抑えた対策と試験攻略法

TOEICのスコアをアップさせるためには、問題傾向を抑えた対策と試験攻略法が必要です。

まずリスニングでは、日常英会話やビジネスシーンでの会話を理解する力が試されるので、英語のニュースやポッドキャストを聞くことで、自分の耳を英語に慣らすことが有効です。

また、リーディングでは、英文の長さや単語の難易度が問題となるので、過去問題を解いたり、英語のサイトや書籍を読んで、慣れることが大切です。

ほかにも以下の対策があるので、ぜひ実践してみましょう。

単語の暗記出題される単語を予め学習しておき、出題時にスムーズに理解できるようにします。
公式問題集の活用TOEICの公式問題集を使い、出題パターンに慣れることが効果的です。
時間配分の練習本番同様の時間配分で練習することで、焦りにくくなります。

苦手分野を克服し、万全の試験準備へ

TOEICの試験に向けて、苦手分野を克服し、万全の準備をすることが重要です。

まず、自分が苦手とする分野を把握し、それらの分野を強化する学習方法を見つけます。

例えば、文法が苦手な場合、英文法の参考書やオンラインサイトで基礎を固めることが重要です。

一方、リスニングが苦手な場合は、英語での会話や映画、動画を楽しみながら練習するのがおすすめ。

最後に、試験勉強は継続が大事なので、計画を立てて効率的に学習し、苦手分野を克服しておきましょう

自慢できるTOEICスコアを獲得した先輩たちの声

多くの方々がTOEICの高得点を目指し、独自の勉強方法や対策に取り組んでいます。

その成果として、高スコアを獲得した先輩たちは、その達成感とともに、TOEICを活用した具体的な体験を語ってくれます。

  1. 就活や転職で得点がアピールポイントに!
  2. 海外赴任や留学を成功させた実体験
  3. 社会人が経験するTOEICスコアが活きるシーン

就活や転職で得点がアピールポイントに!

TOEICの高得点は、就活や転職の際に大きなアピールポイントとなります。

多くの企業が、英語力を重要視し、TOEICスコアを採用基準としているため、高得点を取得していることはほかの応募者と差をつけることができるでしょう。

また、転職の際には、英語を活用した仕事を希望する人にとっても、高得点が魅力的な経験となるでしょう。

先輩たちの声からも、就活や転職で高スコアがアピールポイントになっている具体例が数多く語られています。

これから就活や転職を考えている方は、TOEICの高得点を目指して、自分独自の英語学習や対策を進めてみてください。

海外赴任や留学を成功させた実体験

TOEICの高得点は、海外赴任や留学においても大きな武器となります。

英語力が試される海外での仕事や学業では、TOEICスコアが確かな自信につながり、円滑なコミュニケーションやビジネスを行うための基盤となります

先輩たちの実体験によれば、海外での仕事や留学の成功にはTOEICの高得点が大きく寄与しています。

また、現地での英会話スキルの向上も、TOEIC対策で身に付けた知識や技術が役立ちます。

実体験をぜひ参考に、自分の英語力向上を目指し、海外での活躍を目指してください。

社会人が経験するTOEICスコアが活きるシーン

多くの企業が英語力を重視し、TOEICスコアを求めることが一般的なため、転職活動でスコアが有利に働き、就職活動では、英語力をアピールするためにスコアを活用できます。

また、企業は英語力の高い社員を海外に派遣したいと考えるため、スコアが重要な基準になり、海外出張や赴任の際に、TOEICスコアが役立つでしょう。

さらに、英語を使う仕事においては、スコアが実力を示す指標となり、英語力が求められる業務では、実際の英語スキルを評価されることが多いため、高いスコアを持つことが有利です。

まとめ:自慢できるTOEICスコアの取得へ向けて

自慢できるTOEICスコアを取得するためには、効果的な学習方法を見つけ、継続的な勉強を行うことが重要です。

スコアが上がれば、アピールする場面が増え、英語力が社会人として活かされるでしょう。

始めるなら今です。

良い学習方法や英語学習サイトを見つけ、TOEICスコアアップにチャレンジしてみてくださいね。